Welcome to my blog

しばやんの日々

飛騨地方を舞台にした悪代官と義民の物語

江戸時代に飛騨地方で、「大原騒動」という大きな百姓一揆があったということを知った。Wikipediaによると「大原騒動」とは、江戸時代に飛騨国の代官(のちに郡代に昇進)であった大原紹正(つぎまさ)・正純父子のもとで、明和8年(1771)から天明8年(1788)までの18年間、断続的に続いた百姓一揆とある。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E9%A8%92%E5%8B%95 普通に考えれば、たとえ貧しい生活であったとしてもなんとか...

「大原騒動」の史跡や飛騨の国宝や渓谷などを訪ねて白骨温泉へ

前回「大原騒動」のことを書いたが、記事の中で紹介した映画『莟し花』をYoutubeで見て感動し、岐阜方面の旅行の最初に飛騨一宮水無神社(ひだいちのみやみなしじんじゃ)を訪れる旅程を組んだ。 安永2年(1773)に、大原代官の強引な検地に反対する数千人とも1万人とも言われる飛騨の百姓たちがこの神社に集まったのだが、大原代官は郡上藩などの鉄砲隊の力を借りて、武器を所持していなかった集会参加者に銃火を浴びせて多くの犠牲者...