Welcome to my blog

しばやんの日々

全寺院を廃寺にした薩摩藩の廃仏毀釈は江戸末期より始まっていたのではないか

以前このブログで薩摩藩の廃仏毀釈のことを書いた。薩摩藩には文化3年(1806)に19巻の『薩藩名勝志』という書物が出版されたほど、歴史ある寺社が多数存在していたはずなのだが、廃仏毀釈で1066あったすべての寺院がひとつ残らず廃され、僧侶2964人が還俗させられてしまった。http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-83.htmlこのような激しい破壊行為は明治維新直後の神仏分離令以降に行われたとばかり考えていたし、実際...