Welcome to my blog

しばやんの日々

完成したばかりの巡洋艦『畝傍』が日本に向かう処女航海で行方不明となったこと

明治十九年(1886年)にフランスで建造された日本海軍軍艦の畝傍(うねび)は、当時としては最新式の巡洋艦で、十月に竣工したのち日本に向かうのだが、その途中で行方不明となってしまった。平田晋策著『新戦艦高千穂』という本を読むと、この畝傍という軍艦がいかに期待されていたかがよくわかる。「明治十九年。その頃の日本海軍は、実に貧弱な海軍だった。第一線に立って戦闘の出来る軍艦は、三千七百トンの海防艦『扶桑』(一代目)...