Welcome to my blog

しばやんの日々

苔むした美しい寺・貞祥寺と島崎藤村ゆかりの中棚温泉

新海三社神社の神仏習合の景観を楽しんだのち、次の目的地である貞祥寺(ていしょうじ:0267-62-0325)に向かう。貞祥寺は室町時代の大永元年(1521)に前山城主の伴野貞祥が、祖父と父の追善のため開基した曹洞宗の古刹である。古い参道には苔が密生していて、その先にはこの寺最古の建造物である惣門(長野県宝)がある。惣門を潜ると、増長天と持国天の仁王を左右に配した茅葺の山門(長野県宝)が見える。山門中庭は樹齢450年と言われ...