Welcome to my blog

しばやんの日々

室津の歴史と、その古い街並みを楽しむ

前回の記事で室津は古来より天然の良港として有名であったことを書いた。室津は三方を山で囲まれているので強風を避けることができ、風待ち・潮待ちのために絶好の港であるということで、古くから宿場として繁栄したのだが、風光も明媚であることから万葉時代から歌人が作品を残している。たとえば万葉集に山部赤人の歌がある。「玉藻刈る辛荷の島に島廻する 鵜にしもあれや家思はざらむ」 万葉集(巻6)「辛荷の島」とは、たつ...