Welcome to my blog

伊勢神宮より古い神社と伊根の舟屋を訪ねて~~二年前の天橋立カニ旅行②

0 0
Category京都府
宮津温泉の茶六別館で朝食を済ませて、天橋立をゆっくり眺めながら、傘松公園の近くの「元伊勢籠神社*(もといせこのじんじゃ)」に行く。(*「籠神社」とも言う。)

籠神社

「元伊勢」という字が冠されるのは、天照大御神や豊受大神を伊勢神宮の内宮・外宮に鎮座する前にこの場所で祀っていたという伝承をもつことを意味するそうだが、第十代崇神天皇の御代に日本国中に疫病が大流行したらしく、それがきっかけとなって何度も遷宮を繰り返し、全国に「元伊勢」と言われる神社が、この神社の他にも奈良、京都、岡山、三重、滋賀、岐阜、愛知の各府県にいくつか残されているそうなのだ。

もともとこの神社は神代より豊受大神(現在の伊勢神宮外宮の御祭神で穀物の女神)を今の奥宮のある真名井に鎮座されていたのだが、崇神天皇の御代に天照大御神が大和国笠縫邑(現在の奈良県桜井市)から当社地に遷座され、吉佐宮(よさのみや)と称して両大神を一緒に祀る事になったそうだ。その後天照大御神は第十一代垂仁天皇の御代に、豊受大神は第二十一代雄略天皇の御代に今の伊勢神宮の場所にここから各地を回って、伊勢の国に鎮座することになったという。
この経緯については「日本書紀」にも簡略に書かれているが、「皇太神宮儀式帳」や「倭姫命世紀」「止由気宮儀式帳」という書に詳しく書かれているそうだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E4%BC%8A%E5%8B%A2

これだけ歴史のある神社なので文化財も多い。

籠神社の狛犬

まず境内参道に鎮座する狛犬は鎌倉時代のものだが、国の重要文化財に指定されている。

また公開されてはいないが、籠神社の創祀以来の祀職である海部氏の始祖から平安時代初期までの家系図が、我が国で現存する最古の家系図として国宝に指定されている。なお、現在の宮司である海部氏は神代以来血脈直系で世襲されてきており、現宮司が82代と伝えられているそうだ。

これも公開されていないが、日本最古の伝世鏡(古墳などで発掘されたのではなく代々継承されてきた鏡)である邊津鏡という前漢時代の鏡と息津鏡という後漢時代の鏡があり、前者は今から2050年位前に、後者は今から1950年位前に作られたものだそうだ。

天橋立図sessyu

今回「元伊勢籠神社」のHPを読んで初めて知ったのだが、前回紹介した雪舟の描いた国宝「天橋立図」は、雪舟がこの籠神社を描いて奉納し、近世までは海部宮司家にて大切に保存されてきたものだそうだ。昔は天橋立そのものが籠神社の神域であり参道であったと書かれているが、それが事実なら何故雪舟が「天橋立図」をこのアングルで描いたのかがなんとなくわかる。籠神社の境内すべてを周囲の山とともに書きこむには、もっとも収まりの良いのがこの構図のような気がするのだ。
http://www.motoise.jp/main/top/index.html

倭宿禰像

ところで、籠神社の境内に浦嶋太郎に良く似た銅像がある。これは倭宿禰命(やまとのすくねのみこと)の像で、海部宮司家の4代目の祖にあたる人物だ。籠神社のHPによると神武天皇御東遷の途中で「明石海峡に亀に乗って現れ、天皇を大和の国へ先導したといわれ、さらに、大和建国の功労者として倭宿禰の称号を賜った」と書かれている。この記述は、「古事記」の神武東遷の際に現れ倭の国造の祖となったサオツネヒコの記述とピッタリ一致するのだが、籠神社のHPの記述の原典は何なのだろうか。

真名井本殿dscn0499

私は行かなかったが、籠神社の奥には奥宮である真名井神社がある。前述したようにこの場所が神代より豊受大神を祀っていたところである。境内では有名な真名井の御神水が湧いているそうだ。

籠神社から伊根の舟屋に行ってから、浦嶋神社に行ったのだが、倭宿禰のことを書いたので先に浦嶋神社の事を先に書こう。

浦嶋神社は浦嶋太郎伝説の中では最も古い神社だが、浦嶋太郎の伝説は本当に古い話で、8世紀に誕生した「日本書紀」「古事記」「万葉集」「風土記」といった古代を代表する文書のことごとくに浦嶋太郎(浦嶋子)を記録しているのである。

「日本書紀」は日本の正史でありながら巻第十四雄略天皇に実在の人物として「水江浦嶋子」が船に乗って釣りをしていると大きな亀を得て、その亀が女性になって結婚し、一緒に海中に入り仙境を見て回った話が出てくるのだが、どうして我が国の正史にお伽話のような記述があるのだろうか。(「丹後国風土記」の逸文にはその物語がもっと詳しく書かれている。)

「古事記」には神武天皇の東征の話の中で、「亀の背に乗り、釣りをしながら羽ばたき来る人」がやってきて水先案内人を買って出たシーンがあり、この人物が先程の籠神社のHPでは倭宿禰ということになるが、後世の浦嶋太郎の話は古事記の神武東征の水先案内人の話と「日本書紀」「丹後国風土記」の浦嶋子の話とが一部合体したような話だ。

また「古事記」「日本書紀」には景行・成務・仲相・応神・仁徳天皇の五代の天皇に仕えた武内宿禰という人物が出てくる。同一人物とすれば300才近く生きていたことになるのだが、これはちょうど浦嶋太郎が竜宮城で生活した期間と重なって来るのも面白い。

浦嶋神社

上の画像が浦嶋神社の鳥居と拝殿である。
この浦嶋神社の創祀年代天長二年(825)と古く浦嶋子を筒川大明神として祀っている。
この神社の案内板によると
「浦嶋子は日下 部首等の祖先に当り、開化天皇の後裔氏族である。その太祖は月読命の子孫で当地の領主である。浦嶋子は人皇二十一代雄略天皇の御宇二十二年(四七八)七月 七日に、美婦に誘われ常世の国に行き、その後三百有年を経て五三代淳和天皇天長二年(八二五)に帰って来た。この話を聞き浦嶋子を筒川大明神と名付け小野篁を勅使とし宮殿を御造営された。」とある。

浦嶋社殿の彫刻

拝殿には立派な彫刻がなされており、藁で編まれた亀が架けられているのが面白い。

浦嶋神社はこれくらいにして、伊根の舟屋の話題に移そう。
伊根の舟屋は伊根湾を取り囲むように海面すれすれに建築され、1階は船のガレージのようになっており2階は住居という造りになっている。このような舟屋が伊根に約230棟あり、漁村では全国で初めて国の重要伝統的建造物保存地区の選定を受けている。

この舟屋が軒を連ねる伊根湾の景色を高台から望める場所に道の駅があり、そこに朝揚げたばかりの旬の魚が味わえるレストランがある。
伊根漁港は日本三大ブリ漁場のひとつで、伊根ブリと言われるコリコリの歯ごたえとともに脂ののったジューシーなブリは旨かった。

高台から眺める舟屋もいいが、伊根湾めぐりの遊覧船から間近に眺める舟屋もいい。

伊根舟屋

それぞれの家がすべて男の仕事場である豊かな海につながり、仕事に不可欠な船は家とともにあり、家族とともに支えられ、集落の人々とは海を通じて固い絆で結ばれた関係が続いたからこそ、この景観が残されているのだと思う。

伊根遊覧と鷗 095

どこか人の温もりを感じる舟屋の景色を楽しみつつ、時おり船の周りに集まるカモメと戯れる時間も楽しかった。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
元伊勢籠神社天橋立図真名井神社浦嶋神社伊根の舟屋
  • B!

0Comments

Add your comment