Welcome to my blog

虎なら無量寺の「龍虎図」、串本の昼は萬口の鰹茶漬け

2 0
Category和歌山県
龍虎図

年賀状を準備する季節になってきた。といっても、15年ほど前からずっとパソコンで年賀状を作っているのでポイントはどの図柄を選ぶかなのだが、虎の絵なら今年見てきた無量寺にある長沢芦雪の「龍虎図」が素晴らしかったのでこの虎の顔を拡大して年賀状に使うことにした。

今年の9月に南紀方面の旅行を計画していた時に、無量寺というお寺が串本にあることを知って旅程に組み入れたのだが、実際に訪れてみると小さいお寺ではあるが、境内に日本で一番小さい美術館と言われる「串本応挙芦雪館」があり、江戸時代の画家円山応挙とその高弟長沢芦雪の素晴らしい襖絵の実物を見ることができる。

無量寺は1707年の宝永地震の津波によって全壊・流出してしまうのだが、その80年後に愚海和尚によってこの寺が再建され、和尚が京都にいたときの友人であった円山応挙がその祝いとして障壁画を12面を描き、高齢のために高弟であった長沢芦雪を南紀に呼んで残りの障壁画が作成されたとのことである。

串本・太地・勝浦・熊野旅行 008

応挙の「波上群仙図」も良いが、芦雪の「龍虎図」が強く印象に残った。
「龍虎図」は名前の通り、龍の絵と虎の絵が対になっているのだが、とにかく「虎」の絵が気に入った。

虎は実は龍を睨んでいる構図なのだが、こちらを睨みつけて今にも襲いかかってきそうなすごい迫力のある絵で、この虎の絵の前でしばらく釘づけになってしまった。芦雪はこの虎の絵を、猫をモデルにして描いたと言われているが、小さい猫を見て虎のしなやかな肢体と野性味を墨と筆だけで存分に引き出しているのは本当にすごいと思う。

p050212_03.jpg

串本は本州の最南端に位置する市だが、いろいろ見るところがあって面白いし、食べるものもおいしい。今回は、お昼のお勧めスポットを書いておきたい。

無量寺を見てから、お昼は萬口(0735-62-0344)というお店で有名な鰹茶漬けを食べることにしたが、開店前から10人以上の列ができていた。もし人が並んでいなかったら入るのをやめていたかもしれないほど、外見は相当ボロボロの建物だったが、食べてみればこれだけの列ができる理由はよくわかる。病みつきになりそうな味だ。

m0030010243_1_S2.jpg

一杯目はごはんの上に特製のごまだれで漬け込んだ薄切りの新鮮な鰹を並べて海苔をのせてたれを少し使って海鮮丼風に食べるのだが、二杯目は同様に鰹を並べて海苔をのせて残りのたれを使ってお茶をかけてお茶漬け風に食べる。こんな鰹茶漬けを出してくれる店が大阪にあれば喜んで食べに行くのだが、どなたかご存知でしたら教えてください。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
無量寺長沢芦雪龍虎図円山応挙
  • B!

2Comments

つねまる  

行ってきました!

こんにちは。いつもお世話になっております。
やっと、無量寺へ参りました!素晴らしかったです。

収蔵庫で虎に会い、つい、「しばやん様、こんにちは♪」とご挨拶してしまいました。

芦雪は串本でがらりと筆致が変化したのですね。
荒々しい龍虎はほんとに素晴らしかったです。

子供たちが楽しげにしている襖絵では、左隅に消え入りそうな薄い筆致で子供と仔犬が描かれていました。
遠近法なのかなとも思いましたが、芦雪の子供達が早くに亡くなったことを知ると、自分の子達が旅立つ姿なのかもしれないなぁと、じんわりしました。

無論、私が夢中になったのは丸々とした仔犬達ですが、お寺の中のお部屋の用途に合わせた図柄になっているところにも、和の心といいますか、細かな心遣いを施す点がいいなぁと感動しました。

あ、そうそう。
虎は岩からぴょーんっと飛んでいるところだそうですね。
しばやん様が様々なものに興味津々で飛び回っているお姿なのね、そうよ、きっと、と「うふふ」なお顔になってしまいました。



2016/12/24 (Sat) 16:55 | EDIT | REPLY |   

しばやん  

Re: 行ってきました!

つねまるさん、コメントありがとうございます。

私がブログを書き始めたのは2009年の11月ですが、この頃の古い記事までよく読んでいただき、うれしいかぎりです。

この記事は2009年の夏に、以前勤めていた会社OBのSNSに投稿を開始していて、9月に和歌山を旅行した時に書いたSNSの記事がベースになっています。
11月からBLOGariでブログを始めた頃は私のプロフィールに画像を用いなかったのですが、年が明けてこの長澤芦雪の虎をプロフィールの画像に(勝手に)用いるようになりました。この絵を選んだのは半ばご指摘の通りで、獲物を探している虎が、このブログの中でわが国の歴史の獲物を狙っている自分の理想とする姿と重なったのかもしれません。

応挙の龍の絵もありましたが、私は芦雪の虎の絵に釘付けになり、随分長い間この絵を見ていたことを記憶しています。墨だけで、こんなにすごい絵が描けるのと感心してしまいました。

しかし、つるまるさんは随分各地を周っておられますね。旅行計画を立てる時に、こちらもつねまるさんのブログを参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

2016/12/24 (Sat) 18:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment