Welcome to my blog

軍の圧力に屈し解明できなかった、中国共産党に繋がる諜報組織

4 0
Category戦争と共産主義
すこし前にゾルゲ事件で主謀者が検挙されたことをこのブログで2回に分けて書いたが、その話に戻そう。ゾルゲや尾崎が捕まったといっても、ソ連の工作ルートは世界に拡がっていて、その一部が解明されたに過ぎなった。
宮下氏は中国共産党につながる諜報ルートが恐らく別にあって、それを解明する必要があると考えていたようだ。
しばらく宮下氏の文章を引用する。

「尾崎秀実の取調べで、周辺の一人ひとりについてくわしい説明を求め、諜報活動との関係を訊問したときに、尾崎自身の口から水野のことが、尾崎第一の側近として出ました。そこで水野に関する中国在住の東亜同文書院出身者のことなどを追及したら、いや、それは水野からいろいろな人間の名前や動きはでるだろう、が、中国関係の線と自分のほうとは関係がないんだ、と。
 水野は中国になら多少は関係があるかもしれないが、ゾルゲや自分たちの諜報活動にはタッチしていないんだと予防線を張って、小さく言って済ませようとしたため、かえって中共の線に関係のあるのを匂わせたようなことになったのですね

中国共産党につながって日本の情報をむこうに手渡している諜報組織があるにちがいない、とおもっていたわけですが、しかし、じっさいに特高一課としてそれの究明にとりくむことはできなかった。それが、ゾルゲや尾崎のスパイ活動を摘発して、やはりこれは尾崎周辺の疑わしい人物を検挙してこの線を徹底的に洗い出さねばならない、とわかったので、ゾルゲ事件と併行して、またそれを一段落させた後、この中共の線の追及に全力を挙げました。」(『特高の回想』p.234-235)

東亜同文書院

東亜同文書院」というのは、明治34年(1901)に東亜同文会(近衛篤麿会長)によって上海に設立された日本人のための私立の高等教育機関のことである。設立者近衛篤麿の長男が、のちに尾崎秀実をブレーンとし総理大臣となった近衛文麿である。
また「水野」という人物の名は「水野茂」で、彼が「東亜同文書院」の学生時代、共産主義活動に奔走していた時期に朝日新聞の上海特派員であった尾崎秀実の目にとまり、水野が帰日後はゾルゲ事件が発覚するまでの約10年間、尾崎秀実が就職の面倒を見ていた人物である。

水野茂の自供から、連絡を取っていた人物として西里竜夫、中西功、安斉庫治が浮上し、3名を逮捕すると、中国共産党の上級とのつながりもわかっていったという。
しばらく宮下氏の文章を引用する。

西里は軍嘱託、同盟通信社出向社員のかたちで国民政府宣伝部直属の中央訊社に入っていて、同時に、中共党員として李徳生や汪錦元らの党細胞にも入っている。汪錦元は母親が日本人で、日本名を大橋とかいいましたが、南京政府の汪兆銘政府の動静など、ぜんぶ西里たちはつかんでいた
 西里はこのほかにも、陳という中共党員を中央電訊社の記者として採用させたりしている。人材を採用するんだといって懸賞論文の企画をたて、それに同志を応募させてお手盛りで当選させる。そういうことができたのも、傀儡政権にのりこんだ軍の嘱託という身分の背景があったからでしょう。
 …
 中西功は満鉄調査部の『支那交戦力調査』で軍から信頼されていた。
 とにかく、彼らと中国共産党のつきあいは長いわけです
。西里の場合は東亜同文書院当時から社研などをやっており、卒業して上海日報の記者になったころに、尾崎と知り合っている。
 安斉庫治も、東亜同文書院出身で、逮捕したのですが、安斉は中西らのグループを離れて、蒙古でなにか特殊任務を受けてそれに従事していたようでした。安斉の実兄が軍の要職にいて、こっちで大事に使っているんだからあれは釈放してやってくれという要請があって、釈放しました。釈然としない気持ちでしたが、軍と衝突してもつまりせんから。…」(同上書 p.236-237)

このブログでいろいろ書いてきたので繰り返さないが、軍の幹部にも共産主義者が少なからずいた。軍部の圧力に屈したために、それ以上の真相の究明が出来なくなってしまったのだが、中国諜報団は大変な規模のものであったはずであり、早い時期にこの諜報団の全貌が解明され検挙に至っていたならば、わが国だけでなく中国の歴史も大きく変わっていたかもしれないのだ。
宮下氏はこう述べている。

それはもう、相当な事件だったとおもいます。南京の汪兆銘政権の内部に日本人の参加した中国共産党の組織がもぐりこんでいるのですから。南京政府を強化して中国の統一と日支和平を図ろうとした対支政策の根本が、延安の共産党に筒抜けになってしまっている
 重慶の蒋介石は、一方で日本と戦争をしながら、片方では中共をつぶしたいと考えているのだから、南京政府を漢奸だ、傀儡だといいながら、なんらか反共連絡線はあったでしょう。つまり、日支間の和平工作のパイプは複雑に絡み合っていたとおもうのです。それをぜんぶ失敗させて、抗日戦争を徹底的に続けるという、延安の毛沢東の方針を、李徳生や陳一峯、西里らは実行していたわけですからね。しかもそれを、現に戦争している軍の内部にいて、軍の嘱託として信頼を得ながら、中国政策や軍の占領行政を妨害して、日本人が中共のために活動していた。昭和12年(1937)以来、日本の兵隊は何万と死んでいるのですから、これは重大なことですよ。」(同上書 p.239-240)

わが国の教科書では、この頃の中国史が特にわかりにくい。
例えば『もう一度読む山川の日本史』では

「1937(昭和12)年12月、日本軍は中国の首都南京を占領した。このとき日本軍は、非戦闘員をふくむ多数の中国人を殺傷して国際的に非難をうけた(南京事件)。このころ、ドイツを仲介に日中間の和平交渉がすすめられていたが、日本側が過大な要求を示したため、交渉はなかなかまとまらず、1938(昭和13)年1月、第1次近衛文麿内閣は、参謀本部が反対したにもかかわらず、今後は『国民政府を対手とせず』という声明(近衛声明)をだし、みずからの和平の機会を断ち切ってしまった。
 近衛内閣は、戦争の目的が日本・中国・満州国の協力による”東亜新秩序”の建設にあることを声明し、国民政府の有力指導者の一人汪兆銘(精衛)を重慶から脱出させて、1940(昭和15)年には南京に新政府をつくらせた。しかし重慶を首都にした国民政府は共産党と協力して、アメリカ・イギリス・ソ連などの援助でねばり強く抗戦をつづけ、日本はいつはてるともしれない長期戦の泥沼にふみこんでいった。」(『もういちど読む山川日本史』p.302)
と書かれている。

教科書は、「南京大虐殺事件」という事件があったことを前提にし、諸悪の根源は日本に在るように描きたいのであろうが、背後で共産主義勢力がどういう目的でどのような動きをしていたかを一言も触れずに「共産主義者にとって都合の良い歴史」を書こうとするから理解しづらいのだと思う。

教科書の叙述は「近衛内閣」を主語とし「汪兆銘を…重慶から脱出させ」、「南京に新政府をつくらせた」と、いかにも日本側が押し付けたような書き方になっているが、汪兆銘は1939年7月10日に上海で発表した声明で、彼は盧溝橋事件発生以来「全く日支戦争を阻止する方法がなかつたが、一刻といへども事態の転換を思はざるはなく、一刻といへども共産党の陰謀を抑制し、これを暴露せんと思はざるはなかつた」と述べたという。

汪兆銘

要するに汪兆銘は、日中戦争が長引いて国民政府軍の戦力が消耗していけば、たとえ勝利したとしても、共産主義勢力が勢力を伸ばすことになることを憂慮していた。
彼が重慶を脱して日本と手を握ろうとしたのは彼の意志であった
のだが、その後の中国の歴史は汪兆銘の憂慮したとおりとなり、中国は共産国家となるのである。

宮下氏はさらに、「中国共産党が日本人を組織して諜報団をつくっているにちがいないということは、昭和10年(1935年)の8.1抗日宣言のときから確信していた」(同上書p.240)と述べているのだが、ここで昭和10年以降の出来事をWikipedia等の記事を参考にまとめておきたい。<
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%AA%E5%85%86%E9%8A%98

8.1抗日宣言」とは、1935(昭和10)年8月1日にモスクワで発表されたもので、中国共産党と中華ソビエト共和国中央政府が共同で日本の中国進出に対抗するよう要求した宣言である。

汪氏狙撃事件

そしてこの宣言が出た3カ月後の11月1日に中華民国首都南京で開かれた国民党六中全会の開会式の記念撮影の時に、汪兆銘が狙撃される事件が起きた。汪は一命を取り留めたが、その後も知日派や日本人を狙ったテロが続発し、12月12日には蒋介石が拉致監禁される西安事件が起きて、その事件以降蒋介石は抗日路線を採るようになった。
1937(昭和12)年7月に盧溝橋事件をきっかけに日中戦争が始まる
。その後も汪兆銘は日本との戦いはすべきではないとの考えであった。
徹底抗戦を主張する蒋介石と袂を分かち、1938(昭和13)年12月に汪兆銘はフランス領インドシナのハノイに拠点を写したのだが、翌1939年3月には汪の腹心であった曾仲鳴が射殺されている
ハノイでの狙撃事件をきっかけに、汪兆銘は「日本占領地域内での新政府樹立」を決意し、5月に日本を訪問して新政府樹立の内諾を取り付け、10月から日本との間に締結する条約の交渉が開始されたのだが、日本から提案されたものは、なぜか従来の近衛声明の趣旨を大幅に逸脱する過酷なもので、交渉の一員であった今井武夫氏は「帝国主義的構想を露骨に暴露した要求と言う外ない代ろ物」「日華協議記録に違背し、近衛第三次声明*の精神を逸脱するもの」であったと述懐しているという。(『支那事変の回想』)

汪兆銘南京国民政府時代

最終的には日本側が若干の譲歩を行なって、1940(昭和15)年3月30日に南京国民政府が誕生したのだが、なぜわが国は、自らの政治生命を懸けて重慶を脱出した汪兆銘に対し、従来の交渉経緯からすれば背信的とも受け取られて仕方がないような協定案しか出せなかったのだろうか。
*近衛第三次声明: 近衛は昭和13年(1938)12月22日に対中国和平における3つの方針(善隣友好、共同防共、経済提携)を示したが、この声明の2週間後に内閣総辞職となり、対中交渉は平沼内閣に受け継がれた。

汪兆銘とわが国の交渉に関する情報も中国共産党にかなり漏れていたことは間違いがない。
ゾルゲ諜報団が逮捕され、次いで特高は中国ルートの解明に進もうとしたのだが、今回の記事の冒頭で記したように軍部の圧力があり、特高の取調べが東亜同文書院のグループの摘発だけで終わってしまったことは非常に残念な事であった。

特高の回想』の著者である宮下弘氏は、特高在籍中に左翼だけでなく右翼についても担当されたことがあった。最後に、当時の右翼について宮下氏が面白いことを述べておられる部分を紹介したい。

多くの右翼団体の資金源は、軍や艦長の機密費であったり、テロをおそれる財界からの寄付金であったりして、かなり潤沢なようだった。それをまたたくさんの予算をつけて監視していたので、おかしな話ですよ
 けっきょく、右翼で一番問題なのは、テロのおそれあり、これだけです。5.15事件、血盟団事件、2.26事件と、個人的であれ、集団的であれ、政府要人や財界の代表的人物が狙われ、殺された。上層部はそれをいちばん恐怖した。だから、特高二課(右翼担当)の組織も人員も拡充されたわけです。」(同上書 p.157)

左翼と右翼をくらべれば、わたしは絶対に、とくに共産党の連中が好きだった。純真でね。理屈いいあっても張りあいがありましたよ。わたしは自分自身が労働者あがりだから、労働者の心情にはとうぜん共感するところがあったし、学生やインテリが労働者や下層階級の窮乏を救いたいとする人道的なものの考え方をありがたいとおもったから、人間的に彼らを好ましくおもうことが多かったのです。

 それにくらべれば、国家主義の運動家などといっても、多くはガラがわるい。カネばかりせびってね。右翼は大嫌いです。」(同上書 p.158)

宮下氏は右翼担当であった時に、2.26事件の黒幕と疑われた皇道派の大物・真崎甚三郎を訪れている。この時真崎が宮下氏に語ったという言葉は特に印象深いものがある。

真崎甚三郎

君、世間は知らないんだが、2.26事件の青年将校たちをふくめて、みんなアカなんだよ。統制派も皇道派もそんなものはありゃしないんだよ。アカがなにもかも仕組んでいろんなことをやっているんで、軍もアカに攪乱されているんだよ。」

近衛文麿

そういえば近衛文麿が昭和20年2月に昭和天皇に宛てた『近衛上奏文』の中で、
是等軍部内一味の者の革新論の狙ひは、必ずしも共産革命に非ずとするも、これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼と云ふも可、左翼と云ふも可なり。所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義なり)は、意識的に共産革命に迄引きずらんとする意図を包蔵し居り、無知単純なる軍人、之に躍らされたりと見て大過なしと存候。」
と述べたが、真崎甚三郎が言っていることもほぼ同じことである。

治安維持法の存在と特高の活躍でこの時期に日本共産党はほとんど壊滅的な状況になったのだが、共産主義的信条を持つメンバーがこれでいなくなったわけではなかったし、革命により新しい社会をつくるという彼等の夢が捨て去られたわけではなかったのだ。
宮下氏の著書には「昭和5年以後の特高は、党員でも党役員でも、転向を誓えば、どしどし起訴留保の意見を付して検事局へ書類送致し、警察限りで釈放」(同上書p.135)したことが書かれているが、これが事実ならば、左翼に対して特高の対応が苛酷であったというよりも、むしろ甘かったというべきではないだろうか。
当時高級官僚や軍人には「転向者」や「隠れ左翼」が少なからずいたという。だからこそ、尾崎秀実のような共産主義者が権力の中枢に近づくことができ、機密情報を入手することが可能であったのだろう。
ゾルゲは、日本には「最早盗むべき機密はない」と豪語したというが、治安維持法が存在し、特高が頑張っていた戦前においても、わが国の機密情報が相当盗まれていたことを知るべきである。

情報漏えいに関する厳しい法律が存在しても、またその法律に基づいて怪しい人物を検挙して厳しい取調べが出来たとしても、自国以外の国やグループに忠誠心を持つ人間が中枢部に何人かいるようでは、国家の重要機密が守れないことはゾルゲ事件を学べばわかる
まして、いまだに機密情報に関する法律すら整備されず、アメリカや中国や韓国に擦り寄るような政治家や官僚や言論人が少なからずいるわが国の現状では、国家機密がいくら洩れていてもおかしくないはずだ。
**************************************************************
ブログパーツ



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
特高の回想宮下弘特高共産主義汪兆銘真崎甚三郎近衛文麿中国共産党東亜同文書院
  • B!

4Comments

-  

通りすがり

私の友人で近衛家の現在の当主と従兄妹に当たる人がいますけど 戦争さえなければ自殺しなかったと言ってました。
近衛氏もイギリスに留学して海外をみてるし 世界戦争をして勝つことはないと分かってたようです。
留学した時にヨーロッパで買ったというお土産を見せてもらったことがありますけど西洋人形でした。
国交や貿易も必ず 表面に出ないことは、沢山あるし裏を掘り起こすと必ずユダヤ系が絡んでます。
ユダヤ人の力には、感心します。

2013/11/20 (Wed) 13:39 | EDIT | REPLY |   

しばやん  

コメントありがとうございます

昭和18年4月に三田村武夫氏が近衛公を訪ねたときに、
「この戦争は必ず負ける。そして敗戦の次に来るものは共産主義革命だ。日本をこんな状況に追い込んできた公爵の責任は重大だ!」
と、三田村氏が言うと、近衛公は
「なにもかもが自分の考えていたことと逆な結果になってしまった。ことここに到って静かに考えてみると、何者か眼に見えない力にあやつられていたような気がする」
と、述懐したそうです。
近衛は、革命主義者のロボットとして利用されていたことを昭和20年の早い時期にわかっていたのだと思います。

ユダヤがどの程度絡んでいたのかはよくわかりませんが、歴史というものは教科書で学んでも綺麗ごとばかりで、真実はもっとドロドロとしたものだと思っています。

これからも時々覗いてみてください。

2013/11/20 (Wed) 17:54 | EDIT | REPLY |   

-  

通りすがり

重要なセキュリティ関係の機器の販売も独占企業のような会社がやっていてよく調べると 外資のユダヤ系の会社です。

近衛氏や細川氏もイギリスでの留学経験があり 世界戦争については、最初から反対してたそうです。
子孫は、色々 利用されたと今でも恨んでるようです。

2013/11/24 (Sun) 09:44 | EDIT | REPLY |   

しばやん  

NoTitle

「ユダヤ人」といっても考え方はさまざまでしょうし、横で秘密裏につながって工作活動をいたわけではないのですから、あまり人種で説明しようとすると説得力が乏しくなってしまいます。歴史の叙述は、誰でも入手できる文書や演説内容などを用いて、裏付けを取りながらなされるべきだと思います。

わが国を戦争に導いたのは、ソ連のスターリンが始動するコミンテルンであり、日本国内でそれを誘導したのが、尾崎秀実ら共産主義者であったし、近衛は彼らに操られたと考えていますが、この説明ならいくつもその叙述を裏付ける史料が存在します。

2013/11/24 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment