Welcome to my blog

桓武天皇が平城京を捨てたあと、二度も遷都を行った経緯について

4 0
Category平安時代
前回の記事で、京都府長岡京市にある長岡天神のことを少し書いた。
長岡京市」という名称は、以前わが国の都があった「長岡京」から名づけられたのだが、「長岡京」については、教科書にはあまり詳しく書かれていなかった。

平安京と長岡京

ネットで「長岡京」の地図を探すと、「長岡京」は今の京都府向日市、長岡京市、京都市西京区に跨っているかなり大きな都で、平安京の大きさと比べてもそれほど大差がないことが分かった。長岡京の中心部は「長岡京市」ではなく、むしろ「向日市」にあることは意外だ。

次のURLでは長岡京の大極殿跡などの史跡のレポートが詳しく出ている。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiropi1700/25343873.html

光仁天皇の後を受けて即位した第50代の桓武天皇は、それまで都が置かれていた平城京を捨てて、延暦3年(784)に平城京から長岡京に遷都したのだが、これだけ大きな都を建設しながら、そのわずか10年の延暦13年(794)に平安京に遷都してしまっている。
なぜ、そんなに短い期間で都を移すことになったのか。今回は桓武天皇について書くことにしたい。

少し時代は遡るが、671年に天智天皇が没したのち、その子である大友皇子と大海人皇子との間に皇位継承争い(壬申の乱)があり、大海人皇子が勝利して天武天皇となるのだが、それ以降の歴代の天皇はしばらく天武天皇系から出ていたことが系図を見ればわかる。

天智天皇・天武天皇系図

しかし天武系に男子の血統が絶えてしまって、宝亀元年(770)に天智天皇の孫にあたる62歳の白壁王が即位し光仁天皇となっている。

光仁天皇には皇后である井上内親王とその子・他部(おさべ)親王がいたが、宝亀三年(772)に藤原氏の陰謀によりそれぞれ皇后・皇太子の地位を剥奪されたのちに幽閉され、それから二年後に二人とも同時に亡くなってしまう。おそらく藤原一族の手で暗殺されたのだろう。

そこで光仁天皇は、自分と百済系の渡来人の系列の高野新笠(たかのにいがさ)との間に生まれた山部親王を皇太子としたのち、天応元年(781)に山部親王に皇位を譲って桓武天皇が即位することとなる。下の画像は桓武天皇だ。

桓武天皇

桓武天皇は平城京を捨てて、延暦3年(784)に山城国乙訓郡で建築中の長岡京に遷都する。

桓武天皇が平城京を離れて都を遷そうとしたのは、教科書などでは「奈良の仏教界からの決別」にあったという記述が多いのだが、天智系の桓武天皇にとって平城京は、関祐二氏の言葉を借りれば「『祟る天武』の亡霊の巣窟」でもあり、自分の異母兄(他部親王)やその母(井上内親王)が殺された場所である。この魑魅魍魎の住む世界から一日も早く離れたかったということなのであろう。

しかし、ここで事件が起こる。
延暦四年(785)に長岡京造営の責任者・藤原種継が何者かによって射殺されてしまった。
犯人は、桓武天皇の(同母の)弟であり皇太子である早良親王(さわらしんのう)と大伴家持とされ、早良親王は捕えられて、乙訓寺で幽閉されその間無実を主張して抗議の断食をし、淡路国へ流される途上で三十六歳の若さで亡くなってしまう。

藤原種継暗殺の犯人については諸説がある。奈良仏教の勢力や藤原家の関与を疑う説もあれば、早良親王説もあり、桓武天皇自身が怪しいという説まである。

東大寺桜

奈良仏教勢力説は教科書などで出てくる説なので省略するが、早良親王説は、親王は桓武天皇の即位の以前は僧侶であり、奈良の東大寺など南都寺院とつながりがあるということで疑わしいとする説で、奈良仏教勢力説に近いものである。
また桓武天皇説というのは、桓武天皇が桓武天皇の第一皇子である安殿親王(あてしんのう)に皇位を継承させるために、早良親王を排除したという説である。早良親王を排除することの最大の受益者が桓武天皇ではないかという観点からは説得力があり、今では結構有力な説になっているようだ。確かにその後の桓武天皇の行動を考えるとその可能性を強く感じるのだが、決定的な証拠があるわけではない。

早良親王が亡くなられた後に、桓武天皇の身の回りや都に、良くないことが相次いで起こっている。この点は前回の菅原道真や前々回の藤原道長のケースとよく似ている。

桓武天皇の夫人である藤原旅子が延暦7年(788)に30歳の若さで亡くなり、翌年の延暦8年(789)には桓武天皇の母親である高野新笠が亡くなり、その翌年延暦9年(790)には皇后の藤原乙牟漏(おとむら)も31歳の若さで亡くなり、都では天然痘が大流行する。
延暦7-9年(788-790)には旱魃のために大凶作となり、延暦9年(790)には都で疫病が大流行となり、早良親王を廃したのち皇太子とした安殿親王(あてしんのう)も病に倒れてしまう。また延暦11年(792)には、桂川が氾濫し長岡京に大きな被害が出た。

これらすべては早良親王の祟りであると考えた桓武天皇は、怨霊のゆかりの地である長岡を退去することを決意し、延暦12年(793)に遷都を打ち出し、延暦13年(794)には平安京に都を移されてしまう。

桓武天皇は平安遷都後も早良親王の怨霊におびえ続け、早良親王の霊を祀り、延暦19年(800)には早良親王に崇道天皇を追号し、種継暗殺事件に連座した大伴家持の名誉回復もはかっている。

お彼岸の時期に祖先の墓参りをするのは日本特有なのだそうだが、歴史的には大同元年(806)の三月に早良親王(崇道天皇)の霊を慰めるために各地の国分寺で7日間「金剛般若経」を読経して供養がなされた記録が「日本後紀」にあり、これが日本で最初のお彼岸の祖先供養の記録なのだそうだ。そしてその年に桓武天皇は崩御されている。

ところで、陰陽道で「北に山(玄武)、東に川(青龍)、南に池(朱雀)、西に道(白虎)」が最良の土地だとする「四神相応」という考え方があり、平安京はその考え方に基づいて造られているそうだ。

船岡山から見た東山

即ち北には船岡山があり、東に鴨川があり、南に巨椋池があり、西には山陰道があるという場所である。上の画像は船岡山から見た東山連峰(比叡山から大文字山)である。

桓武天皇は結果として山紫水明の地の京都を都として選び、京都はその後4世紀近くにわたって平安京繁栄の礎を築き、その後も日本文化の中心地として発展して、多くの文化財を今も残してくれている。

京都鴨川

もし桓武天皇が長い間怨霊に脅え続けるようなことがなければ、京都に遷都されることはなかったであろうし、そうなれば今の京都も、その後の仏教の発展も、随分異なったものになっていてもおかしくなかったと思う。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事
桓武天皇平安京長岡京藤原種継
  • B!

4Comments

いしやま  

壬申の乱は実は

奈良時代の歴史は、怨霊や白亀などというまるで小説の世界。最大の反乱は、山部、白壁、藤原の井上、他戸排除による倭国王統からの皇統簒奪。この経緯は実は壬申の乱として残しているのではないかと疑うのですが。井上を淀君、他戸を秀頼、下道 吉備真備を石田光成。山部、白壁、藤原を家康、秀忠としてみればよいのではないかと、黙ってやられているはずはありません。775年にこれら一斉にに殺されています。
日本書紀は813年には完成していたとの考証があります。
倉西裕子著 『「記紀」はいかにして成立したか』 続日本紀記載の720年「日本紀」は普通古代史専門家はこれを「日本書紀」と読み替える前提ですが、理由無く読み替えられない、別物という論証がされています。
宜しくお願いします。

2014/01/16 (Thu) 20:10 | EDIT | REPLY |   

しばやん  

Re: 壬申の乱は実は

壬申の乱も面白そうですね。まだまだ不勉強なので、もう少し勉強してからチャレンジしたいテーマです。

倉西さんの本も取り寄せましたが、まだ手を付けていません。何冊か読まないと面白いものが書けないので、少し時間がかかると思います。

2014/01/16 (Thu) 22:49 | EDIT | REPLY |   

つねまる  

No title

こんばんは。過去記事にごめんくださいませ。
今日は夏越の祓に、大原野神社・城南宮等を巡ってきました。
この季節は、梅雨の湿気と会社勤めの疲労の蓄積で憂鬱になります。昔の方々の知恵に甘えて、早朝からケガレを祓ってきました。(本当は明日でも、行けないし…)

道中は、長岡天神とか、向日神社などに立ち寄りました。

長岡京市界隈はとても興味深くて何度も通います。欲張って対岸の史跡にも。本当に面白いですね。

悲しいかな、他の地域の方々にはあまり馴染みがないようで。

明日は、水無月を予約してるので、すごく楽しみです。大阪でも夕方には売り切れてしまうのです。むっちりしたういろうのところが大好きです。

日本の伝統行事って、いいなあー、と、毎年水無月祓の時に思います。

2014/06/29 (Sun) 21:53 | EDIT | REPLY |   

しばやん  

Re: No title

夏越の祓はあまり行ったことがないのですが、車の茅の輪くぐりまでできるのですね。

伝統行事は私も大好きでお寺や神社はよくまわりますが、古い伝統があり文化財があるような寺社に観光客がほとんどいないことが良くあります。
先祖が残してくれた貴重な財産をアピールしてこなかった寺社や市町村にも問題があるのでしょうが、だれも観光客が来なかったり、地元の人々が老齢化していけば、寺社の収入は減るばかりで建物の維持管理が難しくなり、多くの地域で次の世代に歴史的財産を残すことができなくなる事が懸念されます。

すこしでもその魅力を若い世代の読者に伝えて、多くの方に行ってもらいたいものですね。

2014/06/29 (Sun) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment